2007・10
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- |スポンサー広告 | 【PAGE TOP】↑


2007/10/25 (Thu) 闇に浮かびあがる宇佐美という男

今日はやっと休日出勤の代休として午後からお休みだったので、あちこち覗いてみました。 結果、「軍師と軍神」って評判悪っ! 仕方ないよな。あれじゃ説明が無きゃ薄っぺらな話になっちゃうもん。 本編の台詞と画で説明しないと意味ないわよね。 メディアのフォローがあろうと、それは本編ではないんだから全く意味がない。と今日は嘆きが呆れに変わって来てます。

さて、忘れない内に武田側のお話。 勘助が姫の墓前で熱演するシーンと、ラストの勘助の家でいつもの面々が古~いショートコントをやってる場面。あれ両方共観てて「これってどっかの劇団のTV中継?」って思わず口に出して呟いてしまった程チャラかった。 演技自体は一番と言っていい位勘助にとっては大切なシーンで、思い入れもバッチシ! なのに安い安い!そのチープさったらただもんじゃなかった。 明度も彩度もあったもんじゃない均一ライティングのせいなのか?一瞬「風林火山」は何処へ行った?!ってくらい素人のお遊戯回撮影でした。 勘助の縋る手に目線が行ってしまい、その若さに 「え?!」 そこに目が行く程他がダメだったんです。 あそこまで行くと惜しい!とか無念とかはもぉ思いません。 これ以上文句言う元気もありません。
内野氏ファンはグヤジイ~~!とご立腹でしょう。 私だってそうだったわ。

スポンサーサイト

21:53 |風 林 火 山 | trackback(0) | comment(4) | 【PAGE TOP】↑


| TOP |

Twitter=■Rue■からリンク

■ Rue ■ Reload

Profile

年季が入ったRock fanの悪意の無い 「言いたい放題blog」
ファンは何にトキメキ何に感動し、そしてどんな時冷めるのか?
日々感じた音楽観、どーでもいい出来事etc~浮き沈み激しく週刊程度更新中。

「Rue」

Author:「Rue」


★★ご注意★★

このブログに掲載されている人物イラストは写真加工ではありません。

「Rue」又はご懇意にして頂いているイラスト作家様の許可なくお持ち帰りされる事はご遠慮下さい。


Recent Entries

Categories

Comments

Favorite

Archives

Mail 

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。