2017・05
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- |スポンサー広告 | 【PAGE TOP】↑


2009/09/22 (Tue) 瞳ちゃん過去DVD雑感

皆様シルバー・ウィークとやらを満喫なさってますか? 
ワタクシ疲れてます(笑) 出先から今日はちょっと更新しちゃお。

2泊で近場へ遊びに来たんですが、その移動中に瞳ちゃんの過去ライヴDVDをやっと観れました!

なんせフィンランドのバンド&初期のものなので相当覚悟して鑑賞しましたが、見終わった気分は晴れ晴れ! それって今と言う揺ぎ無い成長の結果が現実に在るからなんだけど。

会場はそーだなぁ? チッタくらいの会場かな? もちょっと小さいかも知れないライヴハウスです。
ちょっと前に雄蝶さんのライヴで話題になっていた音響を思い出しました。 ドラムスとヴォーカルの音を基準にサウンド・チェックを始めると、あんなに低音ばかりで歌うヴォーカリストの声は聴こえにくいに決まってる!
でもですね、DVDだったら普通音量を上げて販売するでしょ? それをしないで発売してる事に関してはとても好感が持てます。 正にライヴ!って感じの臨場感を大切にしてあるんですね。

初期の知らない曲とかあんまり印象に無い曲とか…とにかく金太郎飴状態の曲が、あの淡々とした低音ヴォイスで延々続くんですよ! 知らない人がいきなり聴いたら「これ同じ曲やってる?」って思っても仕方ないかも?位の同じ雰囲気が続きます。 

歌メロはハッキリしてるのに、声があんだけ低いと何歌ってるのか分らないんですねー、思い出す恐怖?? セットリストはかなりイイんですよ♪ でもイマイチ聴こえにくいんですねー。
「We want more!」 の大合唱の後の 「Br.and.on Le.e」 でやっと「あぁ瞳ちゃんは昔から瞳ちゃん♪」と思えた次第です。
(ブラ.ンド.ン・り.ーとは、映画撮影中、弾丸が入っていなかったはずの銃で撃たれるシーンで事故死したブ.ル.ー.ス・リ.ーの息子さんであり、期待されていた俳優さんです)

ステージが狭いので、あの長身じゃ動けないのか? 皆さん変なアクションで(爆)妙なノリなんですね。 流石北欧!な部分が沢山あって、ヘアスタイルなんて最悪(爆) 黒レザーのロングコート着てても「誰ですか?」なユ.ルキ.ィ氏。 なんじゃ?そのメイク??なユ.ルキ.ィ氏(笑) でもガッカリはしないんですよ。

それはね、あの当時実は一番成長の可能性が大きかったのは、売り物であるヴォーカリスト自身で、演奏はシッカリしてるんです。 ともするとグダグダになりそうな曲を好んで演奏する彼らが、全くグダともしないで、一本筋が通った演奏が出来ているのは、どんな時でもバンドを引っ張って行く力のあるドラマーの存在です(羨ましい!)

ギタリストも当時から安定したイイ音を聴かせてくれていますが、今程ハッ!とするレベルではありません。 ベーシストも低音故聴き取りにくい状態でした。

正に宝石の原石のような彼らに磨きをかけるに相応しいと思わせたのは、曲自体に可能性がある事と、ドラマーの存在だと思います。 彼には 「世界一To.m.my Lee(モ.トリー・ク.ルーのドラマー)が好きな男」 の認定証を差し上げましょう! あそこまで行くと可愛いわもー!♪ かと言って真似では無いんですよ。 

彼だけが北欧の人間だとは思えないプレイを当時からしていました。 今もドラマーなのに脚光を浴び、ファンも多いのがよーーく解りました。
最後もTommyのように去って行くのかと思ったら、ペコリとお辞儀をして去りました(笑) これはお隣のユッ○ーと同じ! やはり第三国のミュージシャンってお行儀がいいんですよ、ちょっとだけだけどね。 

そして不思議と言えばこのヴォーカリスト。 完成度は当時正直低いんですが、延びしろが広い事はこの時点でもハッキリ解ります。 
普通のヴォーカリストとは全く違うんですね。 そーだなー?解り易い例を挙げると、詩人としても有名だった Th.in L.izz..y のフ.ィ.ル・リ.ノッ.ト をちょっと思い出しました。 
共通点は、歌っていると言うより語りかけるようなニュアンスのヴォーカルなんですね。 フィルは詩人として評価されていた様に、そのヴォーカルスタイルは独特でした。 キャッチーな曲でさえ、彼にかかれば独特の世界になったものです。

それに似た感じをユ.ルキ.ィ氏も持っています。 彼の場合、詩人が朗読するという感じではなく、あくまでRockというジャンルを大切にしていますが、シアトリカルとまでは言わないまでも、語りかけるようなニュアンスがあります。 普通そうなるとクサくなるんですが、サラっとしてるんですね。 あれは珍しいと思います。

今はRockのノリと、自分の個性の出し方を巧く融合させた上に、歌唱力が格段に進歩しました。
声も低音だけをアピールせず、色々な歌い方も混ぜ込んで来る技術も体得し、めでたくバンドの看板となっていますが、それまでには大変な努力や自分の中での葛藤があったと想像出来ます。

進歩はヴォーカリストだけでなく、ギタリストも同じくです。 同じように聴こえてしまう曲が多かった中、どうしても譲れない自分達好みの部分はちゃんと残して、いい意味でもっと聴き易い、メリハリのある、洗練されたギターリフや、メロを作れるようになった事が何より大きいでしょう。

デビュー当時から「ヘル.シ.ンキ・ヴ.ァン.パイ.ア」と名乗ったのは、ヴァンパイアのイメージを売りにするバンドが多いのを解った上で、敢えて誰も知らないヘ.ルシ.ンキから来た、他とは違うヴァンパイアを名乗る自信があったのだと思います。

美しいメロと正統派Rockのノリ、ギブソンのヘヴィなサウンド、物語のような構成力をこれ観よがしではなく、サラリと作ってしまう作曲能力。 個性的で魅力的なヴォーカルと、これぞ!と言わんばかりのキッチリとした演奏陣。 
何よりモ.トリーだけでなく、ハ.ノイ・ロ.ック.スやラ.モー.ン.ズをも彷彿とさせる「カッコよさ」を信条とする拘り。 英米の伝統を受け継ぐ正統派後継者であり、オリジナルを追及する異端児。

今一番私が個人的に欲しいものを全て持ち合わせている彼らの6年前は、改善必要部分が沢山ありました。 でも当時からそれを払拭し、只者では無い大物になる可能性をこのDVDは密かに教えてくれます。

ノメリ込みタイプにはお勧め。 なんとなく最近のは好きな方はスルーでいいと思います。
バンドの成長に必要なのは「自分達が好きで、演りたい音楽への一途な想い」なんだと思いました。


今入手出来るのは2006年発売US版。 メイキングみたいなモノも入ってるけど、なんせ言葉が分らない! しかもホーム・ビデオっぽいの(笑) 価値があるのか?無いのか?すら不明。

Live at Tavastia (ヘ.ルシ.ンキでは有名なライヴハウスでの収録)

以下のPVも収録。これが全部欲しい方にはお安い買い物だと思います。
1. Be.tty B.lue
2. Da.nce D'Am.our
3. The Ch.air
4. Bra.nd.on L.ee
5. Go.thic G.irl
6. Wa.stin.g the Da.wn
7. C.all me
8. Mr. Pai.n

スポンサーサイト

01:00 |the 6,9 e,y,e,s | comment(2) | 【PAGE TOP】↑


2009/09/16 (Wed) DVDが来ました!

瞳ちゃんの2003年のライヴDVDが届きました!!
そして!ヘルシンキへ出張していた叔父からお土産も届きました♪ 
化粧品だったんだけど、この際ヘルシンキから来た物なら何でもよし!
と、一生懸命クンクンしましたが…いかにも化粧品の紙の香り…。

初秋のフィンランドはそれは美しいそうですよ~(いいな~!ムーミン谷は何処?)


やっと来たのは これ! 初期のライヴなのであんまり期待してないけど…荒削りなのも楽しみ!
って事でこの話の続きは又。 


米積ありがとうm(__)m レスは明日になります。

23:23 |the 6,9 e,y,e,s | comment(2) | 【PAGE TOP】↑


2009/09/02 (Wed) やっぱりレスポール♪

ちょっと仕事が立て込んでて、69瞳が到着したのにさっきやっと聴けました☆

スピーカーからの爆音も宇宙独占なヘッドフォンも、CDはイイな~☆ 強力なスピーカーが欲しい!

私にとって音と香水の香りは時空を超えた再現力を持ったアイテム。 ある香りに誰かやある時期を怖ろしく鮮やかに想い出し、音も又同じ効果を持っています。 脳内でどうゆう現象が起きるんだろ?記憶だけじゃなくって何か秘密の空間があるんだろなー(その部位の正式名称なんて永遠に知りたくないけど) 

最近それに色も加わりつつあります。 感覚、アート、人は今で言うブログを書いたり、写メ撮ったりするように、本を書き、絵を描き、楽曲を創り…最初はそうゆう単純発想で始まった作業だったんだろなー。
そしてそうゆう単純で衝動的な何かが浮き出ている音、アルバムや曲を求めて止まない今日この頃。

そんな事をチラっと(ホント1~2秒ね/笑)思いながら、つくづく「やっぱりレスポールの音が好き☆」と思うのです♪
レスポールと言うのは、ギブソンという会社が作っている有名なギターの種類の事なんですが、そーね? 誰でも知ってるギタリストだと、ジ.ミー・ペ.イ.ジとかガ.ン.ズのス.ラ.ッ.シ.ュとかが有名かな?

特に中低音がな~んとも言えないんですv 69瞳はLAメタルの影響も強いんですが、LAメタルの時代はフェンダー系のギターが重宝され、レスポールなんて使ってなかったんですね。 多分抜け感重視の自分達の音を作りたかったんじゃないかな? 
も一つ痒いところに手が届かなかったあの時代の音を完璧にしてくれる69瞳のギタリストは凄い! 何て名前なんだろ?(そろそろ調べてもよさそうなものだわ/笑) 彼のセンスは抜群に「あの頃星人」のツボをくすぐります☆ だから日本で好まれるハズだって思うんだけどなー。

今ブックレットを見てみたら、曲も彼とユ.ル.キ.ィの共作ですね。 素晴らしい! 一曲目なんてもーもー又牛になっちゃうギターだわ♪ 
それにしてもヴォーカル巧くなったなー。 キャラだけタイプだとしてもメッケモノだと思ってたのに、凄いバンド見つけちゃった♪
あ、MM好きな人は「P.aris Ki.lls」ってアルバムが好きかも?



その上今日はぶぁんぷのツアー・パンフが届いて、これ又オサレ~~☆
この2つのバンドって共通点が沢山あって是非是非共演して欲しい!(何処で??)
そう言えば、以前レスポール・ジュニアを使っていたカワイコちゃん、最近はムスタングを使ってますが、彼ってばレスポール・ジュニアの事がずっと頭にあって、両方を合体させようと考えたらしい! 実際やったりしてるんですよ(月刊カワイコちゃんより) 結局思うような音にはならなかったらしいけど、この発想が大好き!! どんな音が出したくて、何処の使い勝手がいいのか?よ~~く解ったら益々好きになりました☆
やっぱりギターが大好き!レスポールが大好き!

米積みありがとう♪♪ 今日は未だやる事があるのでお返事明日になります。 ゴメンネm(__)m

23:23 |the 6,9 e,y,e,s | comment(2) | 【PAGE TOP】↑


2009/08/28 (Fri) 誰もが世界を狙ってる

又かい? って他に気になる話題無いんだわ(怖ろしい話題はあるけど…奇跡はおきるか?)

69眼のニューアルバム発売は、公式によるとヨーロッパでは本日28日となってましたが、EMIフィンランドによると、本国フィンランドでは26日に発売済で、普通にサイン会なんかが催されたようです。 アメリカ発売は9月15日。

やはりあちらの国は私が洋楽の世界に居た頃と流通の面ではあまり大きな進歩は無いようで、これが英国のバンドだったら今頃大スターって感じで気の毒だけど……フフフ…それが嬉しいマイナー好きの血が騒ぐ!

アルバムを聴けば解るんだけど、やはりこのアルバムで世界進出を狙っているようです。
ヨーロッパ主要部と英国、アイルランドへの流通ルートとして新たにNuclear Blast Recordsと契約を交わし、北アメリカ、オーストラリアのレコ社も決まっています。

日本はあくまでEIM傘下としてラテン・アメリカの次に「東南アジア」の括りの一つと考えられているようで、まずはヨーロッパとアメリカ進出が主な布教活動のようです。 ま、北から進出する分には妥当なルートだわよね(日本人向きなのになーー)

ご近所さんくらいしか聴くものが無いので、この新譜(この言葉懐かしいでしょ?/笑) 毎日聴いてると、凄く良く出来てるアルバムなのよねー。 ちょっと唸ってしまう部分が沢山あります。
プロデューサーのMatt Hyde (名前が良いね)はグラミー賞受賞者らしいけど、綿密に練ってあるな~とひたすら唸ってしまいます。
これゲスト・ヴォーカル居るんじゃないの?と思う部分まで在るんだけど…プロデューサーの力かね?

そろそろメンバーの顔と名前でも覚えましょ!とは思うんだけど、未だにヴォーカルの名前がユルキィ?って読むの??とかくらいしか知りません。 多分今後も知りたいと思わないだろうから、謎のままでいいかもしれません(これがホントのバンドファンなのかもね?)

キャッチーな要素の取り入れ方とか、バンドの色を保ちながらヴァリエーションを広げる技術とか、揺ぎ無い自分達のシュミとか…どの曲もご近所さんが演ったらどうなるんだろ?とウキウキ想像出来るのも面白いです。 どーせなら一緒にアメリカ回ればいいのに!

そして一番評価すべき点は、普通世界進出となると一般ウケをどーしても狙うでしょ?!でもね、ダークな面やディープな面やゴスな面等などの、マニアが好むマイナーな要素をちゃんと残してるんじゃなくって、前面に出した作りになっているところが凄い! 一本筋の通ったミュージシャン魂を感じて大好き!

オープニングがタイトル・チューンってのも今時珍しいけど、この曲はHRファンのツボを突く要素が大量に搭載されていて、兎~に角カッコイイ! ギターがたまりません!


あ!ギターで思い出した! 普通人の仮面ファンの成人男子達の間で妙にあの劇場版?が好評なんですよ(職場でゆうせん流れてる場所があるんで耳にタコなの) 
哀しいのか嬉しいのか…いやとっても本当の話が展開されているのですのよ。
要するにTVやシングルしか聴いた事のない人たちにとっては雄蝶さんの曲って歌謡曲程度の扱いなんですね。 だから今回ギターがカッコイイと好評。 そう言えばネット上でも同じ意見をいくつか読んだっけ。

お話に偏り過ぎると肝心な事がおそろかになるし、大体トータライズ・アルバムとかコンセプチャル・アルバムが好きな人種って、テーマは良しとしてあ~ゆう内容は好きじゃないし。
そこんトコをクリアしないと男性ファンって付かないと現場の声をコッソリ聞いて思いましたわ。

世界制覇に必要なのは一般ウケじゃないわよ。 かつて「一時代を築いただけのヴォーカリストで終わりたくない云々宣言騒動」があったけど、そこから普遍性に行かないで大衆性に行っちゃってるような…それって余計使い捨てになると思うんだけど。
この辺で原点回帰しないとね?(リピートな希望)
取り敢えず今の時点で、あれはRock Vocalではなーい!

23:19 |the 6,9 e,y,e,s | comment(16) | 【PAGE TOP】↑


2009/08/23 (Sun) 北欧式子供向け音楽

これがフィンランドの子供向けアルバムに収録されているという「飛.べ飛.べコ.ウモ.リさん」なんですが(訳が違ったらゴメン)、子供の頃からこんなん聴いて育ったらどーなるんだろ??

■ 「Lennä lennä lepakko 」 (曲もJ.y.r.ki6.9氏自身の提供だそうです)

これB様が歌ってもお素敵だと思うわ~♪ アレンジ最高好き好き☆
こんなアダルトな曲を歌う子供達があっちには居るんだろか??



ところで、今現在残念な人の公式によると、秋に再.生.Ⅱのかき集めアルバムならともかく、なんだか趣味に走ったシロモノが出るみたいなんですが…読んだだけで怖かったわ…。


00:54 |the 6,9 e,y,e,s | comment(6) | 【PAGE TOP】↑


| TOP | next >>

Twitter=■Rue■からリンク

■ Rue ■ Reload

Profile

年季が入ったRock fanの悪意の無い 「言いたい放題blog」
ファンは何にトキメキ何に感動し、そしてどんな時冷めるのか?
日々感じた音楽観、どーでもいい出来事etc~浮き沈み激しく週刊程度更新中。

「Rue」

Author:「Rue」


★★ご注意★★

このブログに掲載されている人物イラストは写真加工ではありません。

「Rue」又はご懇意にして頂いているイラスト作家様の許可なくお持ち帰りされる事はご遠慮下さい。


Recent Entries

Categories

Comments

Favorite

Archives

Mail 

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。