2017・05
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- |スポンサー広告 | 【PAGE TOP】↑


2009/09/25 (Fri) 日本の名曲ねー

連休が終われば終わったで溜まった仕事がいっぱいです。
こんなご時勢、仕事があるのは喜ばしいと思う事にしたのでした。

さて、明日もお仕事な夜に母親のけたたましい声が!
「「Rue」ちゃ~ん!はいどが今から歌うわよー!」

一大事かい?!

何かと思ったら、Mステに出てたんですね。
「Home Sweet Home」 じゃなくて 「Sw.ee.t Dr.ea.m.s」

なんと言うか…味わい深いなぁ。
細かい事はどーでもいいぶぁんぷの味が出てましたねー。
お.ハ.イ.ド.様のホーレー線が深く観えた事すら味に変るのっていいな~♪
あの曲聴けば聴く程、みぞおちの奥深くの辺りにある何かがグっと来るの。

ふわ~っ♪と温かさとも感傷とも何とも言えない…うーん、小さい頃の日曜の朝寝坊みたいな、余りの安堵感がちょっと不安に思える妙な感覚に似た空気に包まれるのです。
あの現象は、アルバムの中であの曲を聴くからだと思いきや、単独で聴いても同じ味わいがあるのにはちょっと驚きました。

お茶の間であの曲がどんな位置に置かれているのか知らないで聴いている人が殆どだと思うと、「勿体無い!」 と思える我が国が誇れるカッコイイバンドだとしみじみ。

んで日本の名曲はあれか? んじゃ仕方ない。 

スポンサーサイト

23:51 |完璧なぶ.ぁ.ん.ぷ.す | comment(2) | 【PAGE TOP】↑


2009/07/20 (Mon) エモーション

これ!聴いてみてください♪
(参考:アルバム「F.A.I.T.H」より)

サポメンという言葉が無い世界。
ジャム・セッションみたいなこの世界って大好き♪
他人に華を持たせる事が出来るのもソロ・ワーク故の利点。
バンド自体の魅力を前面に出すこうゆう時空を作る事は余裕が無くっちゃ出来ない。

天才K.A.Zに拍手! 本気でこの人の生が聴きたい!!
そして最初からライヴを頭に置いて意図的にこうゆう曲を作るのがプロ!
大きいな~。 もー細かい事は気にならない世界。
エモーションだよエモーション!


これが私がついに得られなかった要素の一つだわ。

22:00 |完璧なぶ.ぁ.ん.ぷ.す | comment(2) | 【PAGE TOP】↑


2009/07/13 (Mon) びたー・すい~つ

満腹なんだか空腹なんだか?消化不良なんだか胃が痛いんだか重いんだか?解らない昨日の皆さまの話をあっちこっちから聞いてたら、食後のお口直しが欲しくなりました。

あちらはNYよ~!

Vamps - Redrum Live @ NYC (new york city the fillmore )

このお方随時アップしてくださってます。 要チェック!

ライヴ・ハウスの隠.し.撮.り(向こうでは隠しでも何でもないけどさ) は何がなんだか解らないけど、この雑音の中から聴き出すのすら楽しい♪
だって、ライヴ・ハウス独特のリズム・セクションの重低音がたまんない~! 

今朝めざましでやってたけど、NYも女性ファンが多いのね。 (もっと客層を確認したかった) で、その女性ファンが本人よりずっとガタイがイイのが笑えました。 
アジアのファンって取材カメラの前でも写真出してキャ~!って感じで日本と同じだけど、ニューヨーカーはどんだけ興奮するか語るんね。 あの違いって同じ女だらけでもかなり違うわ。

20:27 |完璧なぶ.ぁ.ん.ぷ.す | comment(0) | 【PAGE TOP】↑


2009/05/22 (Fri) ジャケも面白いし

耳が空いてる時間はずーーっとV.a.m.p.sの 「L.i.f.e O.n M.a.r.s ?」 を聴いております。 
こんばんわ♪

このアレンジってばホントに好きv それに関してはその内語りまくる事になるんでしょうが(自分で怖い)
歌とアレンジに聴き惚れていて、ジャケの中見開きを観るのを忘れていました!!

なんと! やだなー!(嬉しい) バッカじゃないのー?(良くやった!) って位何か感じません?(笑)
最近のお.ハ.イ.ド.様お気に入りのポップになりきれないモダン・アート(この言葉自体古いよね?きっと/笑)なんですが、 ほらほら!この真ん中辺りに特にほら!

そうです!ヒプノシスを意識した小宇宙が存在しません?
ヒプノシスは、芸術集団の事なんですが、70~80年代の有名アーティスト達のアルバム・ジャケットのデザイナーとしても有名です。
ロジャー・ディーンも混じってる感じかな?(同じく同年代のアーティスト)

10ccのこれ とか ロキシーの これ とか こっち とか こんなん の遠い記憶やイメージだけをデザインの中に入れた感じが漂ってません?
海の中から出ている岩場に あのこれ を出現させたくなって来る(笑) もっとポップなマーメイドちゃんだけど(マーメイドちゃんはこの2人でいいっか♪) ついでにポップ・アートの基本に これも 入ってるよね??

ロジャー・ディーンを感じるのは この辺かな? 正確にはこの中の見開きイラなんだけど、写真がありませんでした。

音だけじゃなくって、ジャケにも巨匠達の作品の香りが漂うのがオシャレ! しかも、まんま!ではなく、消化されてるから好印象なのです。 

アルバムの印象もまるでそうゆう感じです。
懐かしい、でもそれとは違う今の、しかも彼ら独特の、「F.A.I.T.H」みたいにトータライズされたド~ン!とハマるタイプのアルバムではなくて…難しいなー。 
無理に新しい事をやろうとして結局どれもこれも同じになっちゃった最近のシーンとは逆に、原点に精神を一旦還した事が挑発的だなと思う理由です。

「俺達結局こーゆうのが好きなんだよ! 憧れたよなー「カッケー!」って。 でも今は自分があの同じステージに立てるようになった。」 って彼らの現状が伝わって来るのです。

アメリカン・ツアーも組まれてるらしいから、そりゃもー「憧れの元祖ROCKツアー」って感じ。
あのお方もそりゃああっちに参加されるでしょ! と納得。
是非ライヴに行きたいバンドになりました(今更)

そしてM山くんご推奨のお隣さんのお巴里を今から観ます♪
これが又遊び心と本気なセンスが入り混じったパッケージなんだわ~~☆
やっぱセンスいいよなー…。

22:44 |完璧なぶ.ぁ.ん.ぷ.す | comment(2) | 【PAGE TOP】↑


2009/05/20 (Wed) イメージでは売れない時代

おお化けしてくれたV.a.m.p.sにびっくらこいて、ついに先行配信をDLしてまいりました。
もちろんアルバムは予約済です(この時期どーなんかね?この現象?)←あると思いますっ!

「好きなバンドの1stアルバムを思わせる様なアルバムにしたい」とか
「エゲツないアルバム」とかご本人達のコメントを読んで 「どのバンド??あれかな?これかな?」とかなり興味がありました。

んが、これは特定のバンドのアルバムの事ではなく、【自分達が好きなバンドのデビューアルバムの雰囲気がある】って意味だったんですね♪
デビューアルバムってのは独特の勢いがあるし、今まで溜め込んでいた所謂ネタが満載だし、個性的だし、未完成故の魅力がいっぱいでワクワクするものです。
そうゆう意味でも、高い目標下に作られた「ライヴ用」であり「脱カテゴライズ」なRockアルバムに仕上がっています。

これって初聴きでも充分イイんだけど、聴けば聴く程!なタイプだと思います。

最初は本家お隣さんの延長で聴けますが、どんどんRockな要素が濃くなり、意外な傾向の曲の中にチラっと「あ!今モ.ト.リー・ク.ル.ー思い出した!」とか「あ!エ.ア.ロ.ス.ミ.スも好きなのね!」とか「ハ.ノ.イ・ロ.ッ.ク.スも好きか!」等など、【似ている】って意味ではなく、あくまで【雰囲気を漂わせる】って高等技術をいとも自然にやらかしてくれてます。 

聴く者が「あ!これ!これ何だっけ??」って感じる時、これこそ彼らが今まで長い年月を費やして蓄えて来た【糧=音楽】が具体的に自分達の形になる瞬間です。


まず、ドラマーがイイっ!! お.ハ.イ.ド.様は一流から三流までいっぱい聴いて来ているだけあって、メンバーを選ぶのが巧いっ!! そしてこのギタリストのセンスは天才的だな。 

個人的に手数が多くて個性的なのに、邪魔はしない&印象的なドラマーが好きです。 
お隣さんのユッ○ーもそうですが、多彩なドラミングに思わず耳を奪われます。 でもそれが全体を聞き逃す結果にはさせないところが凄いと思います。

そしてあちこちにちりばめられた「ハッ!」とするフレーズとメロ。 これどんなにRockRockしてても命ですね! どんだけ引き出しがあるんだろ?? そしてその引き出しを開け間違えてないのが凄すぎる!

インディーズ時代からヴ.ィ.ジ.ュ.ア.ル.系なんて言葉の対象にされ続け、某人はそれをやたら嫌がってましたが(苦笑) お.ハ.イ.ド.様はあんまり気にしていなかったように思います。
それはマイペースである自信があったからなんでしょう。 彼の目標はあくまで自分が好きな音楽であり続けて来たんだと思います(お隣さん自体も同じく)

そして事実、カテゴライズの中に混じって売り出すとか、イメージを先行させて売り出す現在のミュージック・シーンに「ケッ!」ってツバを吐くようなこのアルバム…挑発的です。
そもそものRockのカッコよさを思い直させてくれる正統派であり革新派。
この音の中にB様カヴァーを混ぜないでカップリングのみでリリースする余裕もカッコ良過ぎる~!
(こうやって褒め殺してしまえないものか?とかはもー思ってないよ/笑)

お隣さんの大ファンを自負される方々には賛否両論あると思いますが、「もぉそんな時代じゃないから次行こうぜ!」と聴こえて来るようなアルバムです。 

是非ご一聴を! 
6月10日リリース。


+++ 追記 +++

ついに八王子、川崎でも新型インフルの患者さんが出ましたね。 
色々イベントが中止になる可能性が出て来るかもしれません(V.a.m.p.sもインストアライヴだっけ?中止になってましたね)
今日あるブログさんでインフル感染対策が個人の自由を奪う権利は無いみたいな記事を読みました。
それ違うから。 インフルは蔓延する事でウィルスが変異して行く可能性があるのはご存知でしょう。
今回の新型のDNAには毒性の強い鳥インフルのものが含まれています。 もしそれが強く出た場合、それこそ映画のような世界が現実になるんです。 
専門家達は、人から人へ多々感染して変異しない内に終息を向かえさせ、秋冬用にワクチンを間に合わせる事を目的として徹夜の日々だそうです。

感染を警戒してイベントを中止する人達は英断をするのであって、臆病なのではありません。 来てくれる人達にもしもの事が無いように計らってある当然の処置だと思います。
もし、万が一今回のアリーナが延期になってもそれは英断だと思いましょう。 
予定通りに出来るにこした事はないけどね♪

季節性のインフルエンザで亡くなる方の人数は、交通事故で亡くなる方と同じくらいの人数なのを意識しておくのがいいと思います。決して侮ってはいけない事を今年ご近所の元気な40代の方で思い知りました。 
早く終息しますよーに!

22:54 |完璧なぶ.ぁ.ん.ぷ.す | comment(9) | 【PAGE TOP】↑


| TOP | next >>

Twitter=■Rue■からリンク

■ Rue ■ Reload

Profile

年季が入ったRock fanの悪意の無い 「言いたい放題blog」
ファンは何にトキメキ何に感動し、そしてどんな時冷めるのか?
日々感じた音楽観、どーでもいい出来事etc~浮き沈み激しく週刊程度更新中。

「Rue」

Author:「Rue」


★★ご注意★★

このブログに掲載されている人物イラストは写真加工ではありません。

「Rue」又はご懇意にして頂いているイラスト作家様の許可なくお持ち帰りされる事はご遠慮下さい。


Recent Entries

Categories

Comments

Favorite

Archives

Mail 

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。