2017・04
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- |スポンサー広告 | 【PAGE TOP】↑


2009/05/25 (Mon) 巴里の現実

予想を大きく裏切って又しても「やられたーー!」と叩きのめされたV.a.m.p.sのB様カヴァーと、アルバムの超優良曲達と、バンドー!な演奏と、Rock~!なヴォーカルに続き、ついにお隣のお巴里DVDを観てしまいました。

ハッキリ言ってもー「羨ましい!」とか「やられたー!」とか誰か庇護する者を抱えた様な発言をするのはみっともないので止めます。
その位バンドとして理想的なライヴです。 感動以外のなにものでもありません。 我が国にこんなバンドが存在する事自体を誇りに思います。

思えばインディーズ時代、関東制覇までしていたワタクシ…あの時あの人達に「将来こんなバンドになってくれないかな~??」と淡い期待を抱いていた、その姿がある曲の時にそのまま存在しました。 泣けて来ました。

興味の無い方は縁が無いだろうし、好きな方は観られると思うので書きますが、「f.o.r.b.i.d.d.e.n l.o.v.e.r」のあの世界はもおマレーネ・デートリッヒとかグレタ・ガルボとかを彷彿とさせるヨーロッパ映画の世界とダブります。 日本人とは思えないセンスと、日本人にしか考え付かないフレーズやメロに溢れ、世界に向けて素直に反戦の心を訴える「M.y D.e.a.r」~「f.o.r.b.i.d.d.e.n l.o.v.e.r~」への流れ…圧巻です。
会場のヨーロッパ中から集まった外人さん達は涙を流し、手を取り合い、BFにもたれかかり、スイングし、拳を振り上げ、それぞれが自由なファッションと自由な楽しみ方で会場を盛り上げます。
正にこの観客あってのこのライヴです。

ついにここまで来たか…メジャーに行ってからお隣さんとして距離を保って来た彼らが掴んだ栄光と、それでも未だ昔と同じ表情を見せる彼らに、ミュージシャンとして一番必要な音楽に対する愛情とプライドを観ました。

「今日は調子が悪いから」 「今日はトラブルがあって運が悪かった」 そんな言い訳はもうどのバンドにも通用しないライヴがここに成立しています。 これこそバンドならではの技であり、長年黙って努力を積み重ねて来た証です。

それぞれの主張を持った一定の人間が、長年それぞれを認め合って存在する事は想像を超える困難だと思います。 彼らも又幾度もの試練を乗り越え、そしてお互いを尊重し、自分のやるべき事を見極め、それに誇りを持ち、心からそれぞれに愛情と尊敬の念を持てるようになり、巧く自分を発散させ、無理をしなくてもバンドとしての音を極められたのは、日本ではそうそう前例のある事ではないと思います。

今回最悪の条件での演奏をしいられたギタリストとコンディションが悪かったヴォーカリスト。 それでもクールな表情で今出来る限りの力で、その気持ちを心から訴えた時、そんなトラブルや不調はどうでも良い事になってしまいます。
昔からバンドの舞台やぐらと呼ばれるリズム・セクションの2人、縁あって途中からこのバンドに参加したドラマー、妙に神経質で何をやっても満たされないリーダー。 彼ら2人の冷静で情熱的なバックアップでこの奇跡は成立しました。
 
黙々とシャープなプレイを披露する小柄で地味な印象があるドラマー、狂気とはこうゆう人に感じるものなんじゃないか?とその時思いました。 彼が一瞬あのジ.ョ.ニ.ー・ロ.ッ.ト.ンに見えたのです。
時代の異端児であり狂気の人であり、そして哲学者であり、落ちこぼれそうな若者を生きる事に導いた人。
狂気の人とは、変った事をしたり、多くの人をあっと言わせる人の事ではなく、むしろ多くの人が「え??」っと眉をひそめそうな事が起こったとしても、それすら感動に変えるだけの力のある人の事だと思わされました。

このドラマーとの縁は彼らの音楽の幅を広げただけではなく、本当に縁の下から支えられている実感が湧きました。 リーダー一人では無理で、思い悩んで来た事が、今自然に出来てしまっているのです。 彼こそこのバンドを自由な音楽の世界へと解放してくれた人です。


CDで聴くと余りに出来過ぎていて面白味が無いと思っていた曲達も、ライヴを計算して作ってあるんですね。 どれも今まで聴いた事の無い新しい曲のように心地よくノリノリな曲に変っていました。

そしてラストを飾った、それこそ出来過ぎであまり好きではなかった「あ.な.た」があんな名曲だったとは!…。 会場を埋め尽くすヨーロッパ中の男女が日本人が歌い、演奏する曲にあんなにも感動する事実は本当にちょっとショックすら感じます。
ライヴ映像が途切れても、ぼーっとして画面を観ていました。
バンド・サウンドの妙を聴きたかったら、本当にバンドとして成立している人達を聴く事をお勧めします。
正直、歌メロしか追わないタイプの方々にはお勧め出来ません。


華やかで全てに恵まれて来たように見える彼らは、その昔不確かな才能と夢しか持っていませんでした。
敢えて昔の呼び方で、ハ.イ.ド.く.ん、テ.ッ.ち.ゃ.ん、k.e.n.ちゃん、おめでとう! そしてユ.ッ.キ.ーありがとう! あなた達こそ本物の覇者です。

このDVDで私はこれを正直に認める事にしました。 優れた音楽なら誰が演っていようと大好きです。 

スポンサーサイト

22:04 |某理想的.虹.バンド | comment(6) | 【PAGE TOP】↑


2008/12/03 (Wed) 気分転換

心トキメク事が無いので、買ったままだった 「月刊カワイコちゃん」 を開きました。

う~~ん! カワイイ♪ カワイコちゃんは年齢を感じる時に 「異常に艶っぽくなったなぁ(ウットリ)」 と思え、ルックスに関してだけしゃべくるのに別段何も感じない。 当たり前よ当たり前! 基盤がしっかり存在するから余裕よ余裕!
鏡に映った姿が場末の酒場に紛れ込んだ美女みたいでいい~!「退廃的」って言葉を使ってもOKなムードが出て来た♪

こんな目線だからか? 取引先の営業さん達が 「「Rue」さん「Rue」さん!」 と走って来て 「夕べの”ロ.ン.ハー”観ました? どの娘が好みでした?」 とか訊かれるのよっ! マジで答えたけどさ (あれ?) 大盛り上がりよ! あ、でもね、こうゆうコミュニケーションって大事なのよ。 「大変だー!」 って時に一生懸命動いて下さるの(ありがたい!) 

今、TVで鮎がアカペラで歌ってる(TVは照明代わりでいつも聞いてるだけ)どーしたんだろ? そう言えばカワイコちゃんのインディーズ時代の 「夜.想.花」 アカペラは感動的だったな~☆♪ 音源残ってないのかなぁ?

さて、目が潤ったのでインタを読みましょっと♪

23:04 |某理想的.虹.バンド | comment(0) | 【PAGE TOP】↑


2008/09/28 (Sun) 想われ人

お隣さんの 「お巴里写真集」 に引き続き、今日は 「そーだ!もう出てたんだ!」 な 「月刊隣のカワイコちゃん」 を購入。 どーもお隣さんが根性入れたものには 「勿体無い」 って言葉が存在しないらしい。 だってシュミがピッタンコなんだも~ん。

予想通り、今月は重々のインタが掲載されました。 カワイコちゃんの性格上、一緒に回るメンバーには自分と同じ企画が回って来るハズなのね。 当然のようで、これって珍しいタイプだと思う。 スターにだけスポット当てた方が売れるに決まってるから。 

重々のこんな昔からの話を読んだのは初めてです。 なにやらと~ってもイイ感じでツアー続行中なようで何より! でも重々のこのバンドに参加出来る喜びや、カワイコちゃんと相方さんへの素直な想いが理想的過ぎてちょびっと羨ましかった。

そしてユ/ッ/キーって相変わらずお素敵だな~♪ バンドの陰の要であるドラマーってーのはやっぱ固定メンバーで、こううゆ人間じゃなきゃダメだなって思わされる位、ユ/ッ/キーお素敵v

今月は読みどころ見所満載ですが、先月のヤ/スの気持ちの悪い(呆れ果てて可愛いとも言う)インタと違って今月のK/y/oのインタには考えさせられます。 表に出ないミュージシャンのホンネだと思う。 リーダーは細かく見られてるんだね。 当然だけど、雑誌のインタにこうゆう風に何気なく本音がポロっと書かれると、(あーーそーれはそうに決まってるよねー)と。

それにしてもお隣から派生した気分屋の子猫ちゃん達はとんでもなくイロッペ~のです! 何をやっても何処を観ても、写真から発散される妖艶なビームは普通ではありません。 コロっと直撃ウケちゃいます♪ なんだかライヴがすんごくよさげだし…いいな~! と毎回言いながら、ここってチェックしに行くまでもないっての? なんでだろ? この前のお隣バンドの時は 「遠方のチケが余ったから誰か知り合い居る人居ない?」 のおふれに 「はーい!泊るトコある!」 の一声で行ったのよね。 でもそれが良かった行ってよかった! とどんなに思っても、じゃあ次も行きましょう!とかソロだったらもっと行きましょう! とか思わないのが不思議。 音源さえあれば、ツアーが楽しそうだって情報がこうやって入って来れば、生じゃなくても充分な気分。 敢えて避けてる感すらあるのよね。 多分それが15年以上(17年か?)の実績が成す信頼ってものなんだと思うの。

実際写真観ちゃうくらいミーハーなのよね。 でもそこで留めて置きたい何か大事な物もあるんだな。 今日月刊の重々のインタを読んで、 「あぁ、崖っぷちに来たら、この女神様が居るんだ。 いやどん底に落ちたら這い上がる先が決まってるって、そんな気楽な事はないのかも?」 と思ったりなんかして…。 是非女神様には永遠に遠くで光り輝いて居て欲しいものです。 私は雑踏の中で面倒くさい事考えてイライラしてる方が実は好きなのかもしれない。 変なのー! いやいやそこのアナタもその口よ!??

今月号は立ち読みでも何でも、チェックをお勧めします。

て事で、今日は 「ボキャ天」 をずっと観てた為、やる事が山積みです。 いつも米積ありがとう♪お返事は明日になります。(M山くん、お巴里買ったの? 私もあの写真好き☆ あの部屋に一生閉じ込めておきたいと一瞬思って、それはならぬと我に帰る写真だね♪)

23:55 |某理想的.虹.バンド | trackback(0) | comment(4) | 【PAGE TOP】↑


2008/08/13 (Wed) 創作意欲が湧くPV

これ 「めざまし」 でチラ観してから楽しみにしてたんだけど、美しい映像ですなー(とっても陳腐な表現) 
一コマ一コマがCGアートになる位瑞々しい映像ですわ♪ (手間暇&財力も大切) 思わずとっとと作りかけのお誕生日プレゼントを仕上げてしまいました。 あーー!お絵描きがしたい~! 

曲自体は好きなタイプじゃないし、このモデルさんもイマイチ必然性に欠けると思うんだけど、演奏映像をこんなにアーティスティックに仕上げるのは流石お隣さんだわ。 水にポトンと絵筆の絵の具を落としたら、こんな水の国の住人さんが出てきたらいいな☆ 絵の具って言うよりインクみたいな色彩の広がりが綺麗!

丁度、エアロバイク漕ぐ時に 「ROUT 666」 でノリノリだったんで、これ又雰囲気が変わってイイ感じ。 え?この時期聴く曲が違うだろうって? いやいやエアロバイクとか腹筋とかウォーキングとか色々やってる方多いと思うけど、案外ね「Maria」ってノリノリで漕げます。 今となっては 「Maria」って奇跡の様な曲だな。 あのギターリフからあの展開って凄い発想だと思うんだけど、あーゆうのは時代とか環境が作るものなのかも?

23:03 |某理想的.虹.バンド | trackback(0) | comment(0) | 【PAGE TOP】↑


2008/07/16 (Wed) 突撃隣の…

何やら更新されたようなので、結果が出るまではスルーして又お隣を覗きに行きました。

なんと! これな~に?! 魂は伝えるだけにして、血の一滴まで売ろう! 売るなら売りつくそう! 
A4変型サイズ/オールカラー96ページ 定価 1,300円(税込) これが月刊!つまり月に一度出るって…いいな~夢の様な話だわぁ~~!(お隣の話だけどこれは買う!目薬の代わりに買う!)

ねぇねぇ、去年 「月刊 お屋/形/様」 な~んてのが1年出てたらどーよ? (いや個人的にはもっと昔にそうゆう企画が欲しかったけど) この際安売りとか絶対言わなかったわ。 オールカラーで96ページが毎月本屋さんに並んだらどーよ?! きっとアドレナリンとか妙な脳内分泌物がいっぱい出て、お肌ピカピカになっただろうな~。 毎日ニヤニヤ気持ち悪く暮らしただろうなー…。 おハイ/ディ/ストの皆様お喜び申し上げますm(__)m 素直に羨ましいわよっ!
その上 こんなの まで出るのね。 浮気な子猫ちゃんと違ってこっちはコレまったアンニュイな事! いいなーーー ←この際意味不明。

って他人様の幸運にドキドキしてたら又「ゴン/ゾウ」 を見逃しました…最後だけチラっと観れたんだけど、飯富さんが勘/助の持って来た塩むすびを泣きながら食べてました。 謎。 H~さんお勧めサイトで観てこよっと。

22:18 |某理想的.虹.バンド | trackback(0) | comment(4) | 【PAGE TOP】↑


| TOP | next >>

Twitter=■Rue■からリンク

■ Rue ■ Reload

Profile

年季が入ったRock fanの悪意の無い 「言いたい放題blog」
ファンは何にトキメキ何に感動し、そしてどんな時冷めるのか?
日々感じた音楽観、どーでもいい出来事etc~浮き沈み激しく週刊程度更新中。

「Rue」

Author:「Rue」


★★ご注意★★

このブログに掲載されている人物イラストは写真加工ではありません。

「Rue」又はご懇意にして頂いているイラスト作家様の許可なくお持ち帰りされる事はご遠慮下さい。


Recent Entries

Categories

Comments

Favorite

Archives

Mail 

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。